法人のお客様

不動産、労働問題など、民事、商事の分野を幅広く取り扱っています。特にIT分野(システム関連紛争等)に高い専門性があります。

個人のお客様

債権回収、後見、離婚など、民事、家事の分野を幅広く取り扱っています。特に 交通事故、遺言・相続に高い専門性があります。

ご相談ご依頼

法律相談日時を予約してお越しください。裁判等を依頼するかどうかは、法律相談後にじっくりとお考えいただいて結構です。


森川法律事務所の特徴

丁寧に確認し検討します

関係書類を丁寧に見て、事情を詳細に聞いていくことで、主張を裏付ける証拠を発見したり、反論の糸口を見つけることがよくあります。個々の事件にじっくり取り組み、事案に最も適切な解決方法を考え、最善の結果が得られるよう全力を尽くします。

わかりやすく説明します

法律の知識を豊富に持っていても、適切な解決方法を見出すことができても、それが相談者にしっかりと伝わらなければ弁護士の仕事としては不十分だと考えています。そのため、相談者にわかりやすくきちんと説明することを常に心がけています。

IT事件は得意分野です

システムトラブル等のIT関連紛争については、難しい紛争類型の1つで、精通した弁護士が少ない分野です。森川法律事務所は、代表弁護士がシステムエンジニア出身のため、IT事件を専門的に取り扱い、IT分野の豊富な経験を有しています。弁護士の紹介

ただし格安料金にはできません

格安で引き受けるということは、1件あたりの処理時間を短くして多数の事案を引き受けることに繋がります。ご相談の種類によっては、ある程度画一的に処理できるものもあります(債務整理など)が、あなたのお悩みは、画一的大量処理に向いた事案ですか。
森川法律事務所では、弁護士が個々の事案にじっくり取り組むこととしているため、申し訳ありませんが格安にてお引き受けすることはできません。また、お受けできる件数には限りがあるため、せっかくのご依頼をお断りすることもあります。
なお、弁護士費用は、民事法律扶助の制度を利用して援助を受けられる場合があります。

お知らせ


2017/4/19 弁護士森川紀代が東京都内の企業で新入社員向け「コンプライアンス研修」の講師を務めました。


2017/02/10 弁護士森川紀代が編集委員を務める「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(日弁連交通事故相談センター 東京支部)、通称「赤い本」の2017年版が発行されました。
http://www.n-tacc.or.jp/solution/book.html


2016/12/19 週刊ダイヤモンド2016年12月24日号の特集「夫婦の法律相談」の取材に協力し、弁護士森川紀代のコメントが掲載されました。


2016/11/18 弁護士森川紀代が日本相続学会研究大会の研究発表「相続法改正パブコメ提出を総括して」において、相続法改正ワーキングチーム座長として発表を行いました。


2016/9/28 弁護士森川紀代が日本相続学会の相続法改正ワーキングチーム座長として「相続法改正中間試案パブコメ」に対する意見書を取りまとめました。


2016/04/01 弁護士森川紀代が損害料率算出機構の自賠責保険(共済)審査会 審査委員に就任しました。


2016/03/31 株式会社ダイヤモンド社から発売された「頼れる弁護士の見つけ方」の中で、森川法律事務所が紹介されました。


2016/02/07 弁護士森川紀代が編集委員を務める「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(日弁連交通事故相談センター 東京支部)、通称「赤い本」の2016年版が発行されました。
http://www.n-tacc.or.jp/solution/book.html


2015/11/02 弁護士森川紀代が執筆者の一人を務めた「景品表示法の法律相談」(青林書院)が発行されました。
http://www.seirin.co.jp/book/01669.html



過去のお知らせを含めた一覧はこちらをご覧ください。